メールアドレス取得について

会社設立とメールアドレス取得について

会社を作るということは非常に多くの手間を要する作業です。必要な書類を集めて法務局に法人登記するという手続きだけでも結構大変なことではありますが、本当に大変なのは会社設立した後です。会社設立後は事業を軌道に乗せるためにあらゆる行動を素早く行っていく必要があります。

 

 

行おうとしている事業の内容にもよりますが、サービス業などの場合にはコミュニケーションツールの充実は緊急の課題になるために素早く準備する必要があります。

会社設立をすると、お客さんだけではなく取引を行う会社の人等の色々な人とのコミュニケーションが必要になります。そのコミュニケーションの重要なツールの一つに電子メールがあります。

 

この電子メールを行うためには会社のメールアドレスを作成する必要があります。会社設立をした後で個人名義のメールアドレスを使用し続けるのは避けなければなりません。

それは信用を損ねてしまう行為なのです。会社を興したからには会社のメールアドレス取得をしっかりと行わなければなりません。このメールアドレス取得については、専門の業者に依頼をしてメールサーバーを借りるという方法が最もリーズナブルであり、現実的です。

自分の会社にサーバーを用意する場合もありますが、余程特殊な事情が無い限りは専門業者に頼んでレンタルさせてもらう方が良いでしょう。レンタルサーバーであればメンテナンスのことを考えなくても良くなるので非常にメリットがありますし、知識が乏しくても管理できるという点で優れていると考えられます。

この様な形でメールサーバーを利用できるようになるとメールアドレスを作成することが出来ます。その際にはドメインと呼ばれるインターネット上の住所を手に入れることになります。このドメインは会社設立をすることで「co.jp」を使用することが出来るようになります。

 

このドメインを取得することはちゃんとした法人であることを対外的に示すのです。

このドメインは作成してから時間が経っているものであるほど信頼性が増すものですので、会社設立をしたら早い段階でメールアドレス取得を取得しておくべきなのです。

もしもこのような手続きを踏まずにフリーメールでの取引を継続するようなことがあれば、その会社の信用は失われてしまうかもしれません。小さな会社であれば許されないことでもありませんが、やはり会社として独り立ちするのであれば独自のドメインは取得しておきたいものです。