分社化について

株式会社を設立して分社化する


分社化するためには株式会社の設立を行う事もあります。会社分割を行うときの一つの手段だと言えるでしょう。事業譲渡と比較して考えると、そのメリットはよく分かります。

まず、事業譲渡をするときには、資産や負債を特定して移転することになります。この点については裁量はあるのですが、債券三者の承諾は必要となります。会社分割の場合には債権者の承諾は必要ありません。その代わりに公告の手続きは必要となりますから時間はかかります。

事業譲渡の場合には金銭で行われるのが一般的ですが、会社分割をするときには他にも株式などを用いる事もできます。ですから、株式を発行することで流動資金を使わない方法をとることもできます。そのほかにも、税制上でのメリットも大きいと考えられます。

事業譲渡の場合には、その事業の時価で譲渡されます。ですから、事業に対して何らかの利益が発生していれば、それに対しても税金が課税されます。含み益についても課税されることになりますから、税制面ではデメリットが大きいと言えるでしょう。分割する場合にはいろいろな条件をクリアしなければならないのですが、この場合には税金を支払わなくて良い場合もあるのです。消費税についても有利な場合が多いと言えるでしょう。

分社化をするときにはいろいろな方法がとられますが、株式会社を設立するときには、新たにできた会社に対して一定の事業が割り当てられます。そして、この段階では新しくできた株式を親会社が全て保有していますから、完全子会社となります。100%の資本を持っていますから、分社化したとは言ってもその会社の全てを保有していると考えられます。

事業を譲渡する場合であっても、一つの株式会社となっていれば、株式を売却する事によって譲渡できますから、手続きは非常に簡単だと言えるでしょう。いきなり譲渡するのではなくて、一旦分割しておくのは良い方法です。例えば、別の事業に参入する場合、同じ会社で別事業としても良いのですが、将来的にその事業を譲渡する可能性があるのあんら、最初から株式会社として設立するのは良い方法だと言えるでしょう。このようにしておけば、例えば不採算事業となってしまった場合には、その事業を他者に譲ることも検討しなければなりません。この場合に株式を譲渡するという方法をとることもできますし、株式を交換するという方法で事業を移すこともできますから、株式会社にしておくメリットは大きいでしょう。